Research

日本人集団と欧米人集団の遺伝的な違いを補正する機械学習手法を組み合わせることにより、 BMI xゲノムで2型糖尿病の遺伝的リスク予測精度を向上

  • Research

ゲノム解析研究チーム 岡田 随象 教授

概要
体格指数(BMI)を使用することで2 型糖尿病の遺伝的リスク予測精度が向上することを発見しました。
さらに、集団間の遺伝的な違いを補正できる機械学習手法を組み合わせることで、欧米人集団の豊富なゲノム情報を活用して、日本人集団に対する予測精度のさらなる向上を実現しました。 また、ゲノム解析により、2 型糖尿病になりやすい遺伝的体質に関わるメカニズムを明らかにしました。

Back to Research