Research

ナチュラルキラー細胞の強力な抗腫瘍免疫を引き出す方法      mRNA分解酵素Regnase-1によるインターフェロンガンマ制御を発見

  • Research

拠点長 審良 静男 教授

概要
大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)のSun Xin 特任研究員(常勤)、審良 静男 特任教授(常勤)(大阪大学先端モダリティ・ドラッグデリバリーシステム研究センター/大阪大学微生物病研究所兼任)らの研究グループは、大塚製薬株式会社 永濵 康晴 室長(大阪創薬研究センター自然免疫研究室)、Diego Diez 准教授(WPI-IFReC定量免疫学ユニット)らとの共同研究でRNA分解酵素であるRegnase-1をNK細胞から欠損させると、腫瘍内のNK細胞数とIFN-γ産生の増加によって腫瘍微小環境を変化させ、強力な抗腫瘍免疫活性を獲得することを明らかにしました。
また、本研究は Immunity 2024年5月31日 (日本時間) オンライン版に“Deletion of the mRNA endonuclease Regnase-1 promotes NK cell anti-tumor activity via OCT2-dependent transcription of Ifng”というタイトルで掲載されました。

Back to Research